布ナプキンの始め方、選び方、洗濯ノウハウ、さらに、一歩すすんだ月経血コントロールなど、布ナプキン情報と体験レポートを公開しています。
トップページ > 6.布ナプキンと月経血コントロール > ノーナプキンを普及している人たち

ノーナプキンを普及している人たち

布ナプキンのサイトでも作って、もっと普及活動に精を出そうかな~と色々他のサイトを見たりしていたら、すごいサイトに出会った!

なんと

ノーナプキンで過ごす

というもの。

普及活動をされているのは、りそらさん。
ブログテーマ[ノーナプキン]|りそらのイングルサイト

整体師をされている方なんだって。

さらに、りそらさんの本を参考にした「ノーナプキンへの道」というPDFファイルも発見!こちらは、「木の香治療院」さんのサイト内にあり、無料で読むことが出来ます。

インフォメーション ノーナプキンへの道

このPDFは男性のお医者さんが書いているんだけど、わかりやすいし、男性ならではの視点や実験があっておもしろい。(おもしろい、っていう表現はおかしいかな?)

ノーナプキンへのステップは

  1. 紙ナプキンをやめる
  2. 布ナプキンにする
  3. 筋力を鍛える運動をする

という3ステップ。紙ナプキンを使っていても、経血をためることは出来ると思うけど、肌のことを考えたら布ナプキンがおすすめ。それにケミカルなモノは肌に有害な物質を含み、婦人科疾患の原因でもあるそうです。また、紙ナプキンは、その有害物質の為に、子宮感覚を鈍らせ、子宮感覚を成長させにくいそうです。

ちなみに筋力アップの運動は、健康維持にも役立つので、閉経後の方にもおすすめとのこと。

ノーナプキン生活を実践している方の記事
ノーナプキンへの道(2) 好きなもの、好きなこと

私が布ナプキンを薦めるのは、

  • エコである
  • 不快感を減らす
  • 婦人病の予防

という理由から。だから布ナプキンとセットで月経血コントロールもおすすめしてる。

結局、洗濯の悩みとか、外出時の悩みとか、どの布ナプキンを買えばいいのか?とかいう悩み全部含めて、ノーナプキンなら解決できるってこと!コストゼロ!

私が実践して、これから普及していくべきなのはノーナプキンだ!って強く思いました。

女である以上、必ず付き合う生理。できることならブルーデイではなくハッピーデイとして過ごしたい。「生理はデトックスである」という考え方に大いに共感する今日この頃。世の中の女性たちみんながノーナプキンになれたら、すごい量のエコが実現できる。それだけではなく、みんなが自分の体と向き合い、紙ナプキンによる不快感、経皮毒もなくなって、生理痛、気分の浮き沈みみたいなのがなくなったら、どんなに快適だろう、って思う。「生理痛がひどくて・・・」って聞くと、本当に「布ナプキンにすればいいのに」って思う。簡単なのに、始めてしまえば。今、友人の子供たちの中にも女の子たくさんいるけど、これから生理が始まる女の子たちにも教えてあげたい。男性のお医者さんがPDFファイルを作成しているのにびっくりしたけど、男性も生理の話しだし・・・と引いてしまわず、奥さん、兄弟、友人、娘さんたちに教えてあげて欲しいなあ。みんな生理で辛い思いしてるんだもの。楽になる方法があるなら知ってもらいたいです。生理痛=薬で解決、じゃなくて。もっと根本的に解決しないと。

実は、月経血コントロールもまだ上手にできてなくて、えらそうなことは言えないんだけど、インフォメーション ノーナプキンへの道によれば、今、紙ナプキン生活の人も1年3ヶ月あれば、ノーナプキン生活が手に入るとのこと。布ナプキンをすでにスタートさせていて、月経血コントロールの知識も多少ある私は、筋力強化に努めてマスターしたい。

もし、自分も布ナプキン使いたい!ノーナプキン生活やってみたい!という方がいらっしゃったら、ぜひぜひコメント、トラバしてください。一緒に頑張る仲間募集します!


スポンサーリンク




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布ナプキンへ
広告


【人気のある記事】
 arrow063_06.png 布ナプキン&月経血コントロール体験談
 arrow063_06.png 【フェリシモ】布ナプキン 口コミ感想
 arrow063_06.png Sunny Days(サニーデイズ)の布ナプはじめてセット
 arrow063_06.png 【すいーとこっとん】布ナプキンセット

« 前へ| 次へ »


ページナビゲーション

トップページ > 6.布ナプキンと月経血コントロール > ノーナプキンを普及している人たち

Copyright (C) 2015 ナチュラル女子キティの布ナプキンスタートガイド All rights reserved.
※当サイトはアフィリエイトシステムを利用しています